「発達障がい 心理検査セット」開始しました

発達障がい心理検査+
カウンセリング(結果説明1回) 
50,000円(税抜き)

対象年齢(小学生~成人)

当相談室の発達障がい心理検査は、数値化やラベリングすることを目的とせず、ご本人が少しでも生きやすい生活を手に入れ、周囲がそのために出来るサポートは何かを共に考えることを目的としたものです。必要に応じて、連携機関やケースワーカーとの橋渡しを行い、手厚いサポートを提供致します。医師の診断、診断書が必要な方は、クリニックの受診が必要となります。

*詳しくはブログ「発達障がい心理検査」についてもご参照下さい。

  • MSPA

    検査時間:約1時間30分

    京都大学の船曳康子先生を中心に開発された、発達障がいの特性の程度と要支援度の評価尺度です。支援が必要なポイントが一目で分るレーダーチャートで表されます。

  • WISC-Ⅳ/WAIS‐Ⅳ

    検査時間:約1時間30分

    知的能力について同年齢の集団の中でどの位置にいるかについての指標を算出します。能力の得意、不得意を客観的にみて、苦手をどう得意なことで補うかについて考えるための参考にします。

  • カウンセリング
    (結果説明 1回)

    相談時間:30分〜

    心理検査の結果に基づいて、ご本人の特性、特徴を客観的な視点からお伝えします。その上で、現在困っていることに対してより有効な対処方法、方略についてお話しします。必要に応じて、支援者へのご説明、連携機関のご紹介も行います。

*必要に応じて、御説明の上他の心理検査を追加、変更する場合があります。料金は変わりません。

 

*診断、診断書が必要な方は、クリニックの受診が必要となります。