気の緩み vs. “自粛警察”

みなさん、こんにちは。

ここ一週間ほど、首都圏の新規コロナ感染者は随分減って、出口が見え始めた感じがしますね。みんなの頑張りがきちんと数字に表れたようで、嬉しいしほっとします。

それに伴い、気の緩みが指摘されるようになりましたが、これってみなさん、どう思われますか?

 

これだけ感染者が減れば、そろそろ大丈夫なんじゃないかと思い始めるのも人情、本来はごく自然な流れですよね。

でもでも、ここでハメをはずしてしまうと、また元の木阿弥ですから、ぐっと我慢が正解なんでしょうね。
一方で、他人の行動に目を光らせ、過度な自粛を強制しようとする“自粛警察”と呼ばれる人々もいるそうです。
ひどいケースでは、飲食店を閉めるよう脅迫状まがいのものを送りつけたり、県外ナンバーの車に傷をつけたりする人もいるというので、びっくりです。
自粛警察の方たちって、きっと、本当は人一倍自粛を頑張っていて、辛い思いを押し殺している人々なんだろうなと想像します。
やり過ぎは困ったものですが、根っこは多分悪い人じゃないんだと思います。
非国民は許せない、同調圧力が強くて、真面目な日本人ならでは、という気もします。
もうそろそろいいんじゃないの?、いやまだまだ気を引き締めて我慢しなくちゃ、…こういう気持ちのせめぎあいは、ほんとはみんなの心の中にもあります。
その葛藤自体がストレスですよね。
みんな、急にやってきたコロナとどうつきあっていくか、葛藤を抱えながら、迷いながらやってるんですよ。
いやあ、疲れますよねー。。
みなさん、今日もできることを、できる範囲でやってみましょうね。
そして、気持ちが辛いときは、休んでいいんですよ。
(森国)