当相談室について

施設紹介

当相談室内の様子です。
相談者が安心して自らの気持ちを表現できるよう、プライバシーには最大限配慮をしております。

 

当心理相談室について

当相談室は、平成21年2月にオープン致しました。

「家族や社会と関わりながら、自分として生きていくこと」当相談室ではそのような理念に基づいて相談業務を行なっております。自分らしくあること、自分らしくありながら、家族や社会、人々との関わりの中で生きていくこと、そのような思いを大切にしております。その方個人の内側の世界、その方を取り巻く外側の世界、どちらにも目を向けてその方らしいあり方を見つけ出していくことができればと考えております。

当相談室スタッフは、様々な分野で経験を積んだ心理士が集結しております。スタッフは全員、「臨床心理士」「公認心理師」の資格を有しており、10年以上の経験があります。そして毎月施設内での研修を受け、日々精進を重ねています。

『カウンセリング』とは、もちろん何か困っていることが生じた時に必要となるものです。「困る」には様々な内容と水準があります。私達はまず来談された方に真剣に耳を傾け、その方のニーズを的確に把握することから始めます。

『自分を根本から変えたい』という方もいらっしゃいます。『困った時にちょっとだけ話を聞いてほしい』、『誰にもできない話をしたい』、『頭を整理するのを手伝ってほしい』などなど。そのようなご要望にもお応えできると思います。

また、そのような「話を聞く」カウンセリングだけではなく、心理検査を行ったり、医療や行政の間の架け橋となれるようなサポートを行ったり、様々な形でご相談にいらっしゃる方の「助け」になれるよう、務めて参りました。

臨床心理士だけではなく、精神保健福祉士もメンバーに加わり、福祉や役所との連携のお手伝いもできるようになりました。

それらに加えて、離婚などのご夫婦の問題に関する相談、また英語でのご相談にも対応できます。

研修としましては、顧問の福本修先生をはじめとする、日本を代表するような臨床家とのカンファレンスも行い、研修にも積極的に参加するなど、日々研鑽を積み重ね、学会発表や論文投稿など、研究分野でも活動しております。

初学者の方の心理検査のスーパーヴィジョンも提供させて頂いております。

ご相談にいらした方のニーズを的確に把握し、そのニーズに応じたものを提供する豊かな時間を共に過ごせることを心がけております。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。